これだけは知っておきたい!会計実務

これだけは知っておきたい!会計実務 記事一覧

このシリーズでは、『これだけは知っておきたい会計実務』と題し、減価償却や消費税をテーマに、病院事務部門として知っておきたい会計実務の基本をお伝えしていきます。

第5回 消費税の基本〜医療における消費税問題B(2016年6月9日)

第5回 消費税の基本〜医療における消費税問題B

消費税は本来事業者が負担すべきものではないにもかかわらず、医療機関には消費税の負担が生じています。さらに、高額な設備投資があった際には特にその負担が大きくなってしまうという問題があります。今回は、この医療機関における消費税の負担に対して、どのように対処されているのか確認してみましょう…

第4回 消費税の基本〜医療における消費税問題A(2015年12月24日)

第4回 消費税の基本〜医療における消費税問題A

前回のコラムにおいて事業者の立場でみる消費税の仕組みの基本を確認しました。今回は事業者の立場を医療機関におきかえることで、より具体的に医療における消費税の仕組みをみていきます…

第3回 消費税の基本〜医療における消費税問題@(2015年11月18日)

第3回 消費税の基本〜医療における消費税問題@

2017年4月からの消費税率引き上げ決定に伴い、医療における消費税問題が活発に議論されています。ちなみに国立大学附属病院長会議では次のような発表がありました…

第2回 固定資産管理の基本(2015年09月08日)

第2回 固定資産管理の基本

「棚卸」は、診療材料・医薬品だけでなく、医療機器・備品についても行う必要があります。こういった固定資産の棚卸(実査)は固定資産管理における基本ではありますが、事務負担、担当者の曖昧さなどから手続きがおろそかになりがちです。今回のコラムでは、会計における固定資産管理の概要と、基本手続きである固定資産の実査の必要性について解説していきます。…

第1回 減価償却の基本的な仕組み(2015年07月24日)

第1回 減価償却の基本的な仕組み

建物、医療機器、備品などの固定資産の購入代金は、「減価償却費」という科目で費用に計上されます。固定資産については消耗品などと違い、購入代金がそのまま購入時の「費用」として計上されるわけではなく、購入時には一旦「資産」として計上し、「減価償却」という手続きを通じて「費用」計上されていきます…

「MRPお試しベンチマーク」無料体験受付中![PR]

 
システム動作チェック(ご利用中のPC環境)
OSunknown
ブラウザ
バージョン0
システム動作×
NG理由動作不可OS
(サポート外)

会員メニュー

ログインID:
パスワード:ベンチマークシステムは入力不要

ID・パスワードをお忘れの場合はこちら

ログイン方法はこちら

新規会員登録

医療機関ホームページリンク集

自治体病院共済会

ページの先頭へ戻る